YAMAGATAひらめきコンペティション

【最終イベント報告3】受賞式・閉会宣言

 

11月3日(金・祝)に行われたYAMAGATAひらめきコンペティションの最終審査イベント

 

YAMAGATAひらめきコンペティション’17 THE FINAL」

 

イベント報告の第3弾は受賞式と閉会宣言の様子をお伝えします。

 

 

 

◇ 受賞式


 

最終審査での5名の熱い企画プレゼンテーションの後、4名の審査員の審議により準グランプリ、グランプリが決定しました。
そして迎えた受賞式では、企画部門・アイデア部門の企業賞、アイデア部門の最高賞である「ひらめき賞」、準グランプリ、グランプリの順で発表されました。

 

 

アイデア部門での企業賞は、

株式会社ヨロズエンジニアリング企業賞を青木雅さん
株式会社ナイガイ企業賞を浜島夏実さん
株式会社ヤマコン企業賞を泉絵理子さん
株式会社大商金山牧場企業賞を上坂宗万さん
株式会社チャンピオン企業賞を菅野裕太さん、池田健一さん

が受賞され、各企業の代表者から賞状と副賞が授与されました。

 

 

続けて、企画部門での企業賞受賞者は最終審査でプレゼンテーションを行った5名の皆さんが受賞され、アイデア部門と同様に賞状と副賞が授与されました。

 

 

 

続いてアイデア部門の最高賞「ひらめき賞」の発表。

株式会社ナイガイ企業賞の浜島夏実さんの「はんこ供養」が選ばれ、審査員の山形銀行常務取締役の長沼清弘氏より賞状とトロフィー、副賞の5万円が授与されました。

 

 

続けて、企画部門の準グランプリの発表。

山形新聞社代表取締役社長の寒河江浩二氏により発表され、株式会社チャンピオン企業賞に選ばれた女川 鴻さんが受賞しました。寒河江浩二氏より賞状とトロフィー、副賞の15万円が授与された女川さんは「このコンペティションの経験を企画の第一歩とし、4年間精一杯頑張りたい」とコメントしていました。

 

 

 

そして最後になったグランプリの発表。

東北芸術工科大学学長の根岸吉太郎氏から応募総数754通の頂点となった企画が発表されました。栄えあるグランプリに受賞されたのは、株式会社ヤマコン企画賞の岸 香菜子さん。発表された瞬間はとても驚かれている様でした。
根岸吉太郎氏より賞状とトロフィー、副賞の30万円を授与されると、「まさか自分の企画が選ばれるとは思っていませんでした。 ありがとうございます!」と喜びを口にしていました。

 

 

 

◇ 講評・閉幕宣言


イベントもいよいよフィナーレを迎え、特別審査員を務めた小山薫堂氏から講評を頂きました。

 

「どの企画もとてもひらめきに満ちている作品ばかりでした。そして今までにない初めてのプロジェクトはとてもいいものだったと思います。地域創生に繋がるこのイベントがこれからもずっと続いていってほしいです。」と温かいお言葉をいただきました。

 

 

そして、YAMAGATAひらめきコンペティションを企画運営した東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科学科長のボブ田中教授からも挨拶をいただき、労いのお言葉をいただきました。

 

そして最後にこのイベントで司会進行を務めてくださった土田さんのアナウンスで本イベントは終了。
終了後に受賞者や審査員、5社の企業関係者、運営を行った企画構想学科3年生で記念写真の撮影を行ないました。

 

受賞された皆さん、おめでとうございました!

また改めましてイベントにご来場いただいた関係者の皆様、一般参加の方々、誠にありがとうございました!